【国際】AIIBトップが極秘訪日=昨年6月、一貫して参加促す

 
1:2015/10/27(火) 05:44:44.85 ID:
【北京時事】アジアインフラ投資銀行(AIIB)初代総裁に就任する金立群・元中国財政次官が2014年6月、
極秘裏に訪日してAIIB参加を日本政府に打診し、その後も数回にわたって接触を続けていたことが26日、
複数の日中関係筋の話で分かった。創設計画の非常に早い段階から、一貫して日本に働き掛けていたことになる。
 同筋によると、創設準備作業を率いていた金氏は財務省を訪れ、当時の古沢満宏財務官らに面会。
 

 
 
 
 
「日本に参加してほしい」と打診した。さらに、後任の山崎達雄前財務官とも接触を続けた。アジアの先進国の
日本に加わってもらうことで、国際金融機関としての正統性を確保しようとした。
 AIIB創設は13年10月に中国の習近平国家主席が提唱。当初は途上国中心の構成とする考えだったが、
14年5、6月ごろに先進国にも参加を促し始めた。「中でも日本は最優先の勧誘先」(同筋)で、
積極的に打診を続けてきた。(2015/10/27-00:01)
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2015102600646
 

 
2:2015/10/27(火) 05:46:15.14 ID:
いらない
 

 
5:2015/10/27(火) 05:47:49.72 ID:
日本が稼いでも、日本人は貧乏になり続けてる
もう外国に金バラ撒くのやめろ
 

 
8:2015/10/27(火) 05:49:57.28 ID:
クネの真似して悪口外交してる癖に
 

 
10:2015/10/27(火) 05:52:20.39 ID:
そもそも日本側は安倍以外は全員乗り気なんだがな
こればかりは安倍の英断を称えざるを得ない
麻生岸田も国際会議では中国財務首脳と極めて仲良しだよ
 

 
13:2015/10/27(火) 05:53:36.42 ID:
極秘訪日ってなんだよ。
 

 
36:2015/10/27(火) 06:05:13.14 ID:
今、AIIBに入ってメリットあるのかよw


>>10
へー、そうなんだ。
知らなかったわ。
あと、新聞よめ。
 

 
38:2015/10/27(火) 06:05:40.98 ID:
本当に今が売国政党である民主党が政権を持っていなくてよかった
 

 
67:2015/10/27(火) 06:16:58.50 ID:
>>36
少しぐぐれば麻生岸田が国際会議で中国財務首脳と極めて仲が良いのは
すぐに出てくると思うが
そもそも国内でAIIBをこき下ろすから実際にAIIBに冷めた目とは限らない
むしろAIIBをこき下ろす麻生氏こそAIIBとアジア開銀の協力などを
条件付だが言ってるのだからそんなに単純ではないんじゃね
そもそも先に国際協力の融資ビジネスの旨みの裏を知ってる日本だからこそ
他国の旨みの大きさもわかるわけだ。
つまりは単なる援助名目の商売人だからね。
 

 
71:2015/10/27(火) 06:19:11.98 ID:
最初はバスに乗りたかったら乗せたるよ?って態度やったのが、次にはまだ乗るなら時間あるけど?ってなって、とうとう最後にはバスに乗ってくださいっておかしいやろ!
乗る意味ないし今から乗ったらアメリカにえげつないことされるやろ
 

 
91:2015/10/27(火) 06:26:39.56 ID:
アジアインチキイカサマ銀行か
民主政権だったら尻尾を振って入ってたんだろうなー
 

 
93:2015/10/27(火) 06:27:25.10 ID:
>>91 自民党だろw
 

 
97:2015/10/27(火) 06:28:40.36 ID:
>>71
おまえ読解力ないだろ 2014年の話だ この記事も誤解を招こうとわざとしてるよな
 

 
100:2015/10/27(火) 06:31:03.82 ID:
スゴイ国家だ、その頃は尖閣諸島に毎日領海侵犯していた中国
その一方で、 日本にAIIB参加を頼みに来た、 まるで脅しだな
ヤル事が筋の通らぬ、野蛮人の手口そのもの、今はどん底経済
これからは落ち目の三太郎、  経済はドンドン堕ちて行く中国
      こいつ等は日本をナメて掛かっている
 

 
127:2015/10/27(火) 06:38:54.03 ID:
>>5
ちゃんとしたとこにばら撒くならばら撒いてええと思うんやけど
 

 
132:2015/10/27(火) 06:40:10.52 ID:
財務省がポスト無しに動くわけないだろ・・・
 

 
136:2015/10/27(火) 06:41:46.92 ID:
>>132
逆にポスト与えられたら危ないな…
 

 
167:2015/10/27(火) 06:48:09.46 ID:
まだバスは発車してなかったん?
 

 
193:2015/10/27(火) 06:57:05.69 ID:
去年の6月の秘密を今になってバラしたって事は参加はもうないよね?
 

 
219:2015/10/27(火) 07:07:15.95 ID:
支那にせよバ韓国にせよあれだけ反日活動を国際舞台で繰り返し嫌がらせして日本を不愉快にさせておきながら、支援だの協力を求めてくるとはどういう精神構造なのだろう。
 

 
250:2015/10/27(火) 07:21:23.35 ID:
建物の外装は立派だが金がない銀行
 

 
260:2015/10/27(火) 07:24:20.36 ID:
しつけーな、バス出発したんじゃねえのかよ
南京大虐殺妄言撤回と尖閣諸島日本領認知とサイバー攻撃止めたら考えてやらなくもねえぞ
 

 
263:2015/10/27(火) 07:25:41.71 ID:
>>250
金よりも融資の為のノウハウを欲しがっている
 

 
283:2015/10/27(火) 07:33:14.78 ID:
アホらしい。さっさと日米抜きでやれよ。なんで得がないのに中国のために金出すんだよ
 

 
300:2015/10/27(火) 07:39:03.36 ID:
インドネシアの高速鉄道の件を見れば
日本がAIIBに参加するメリットなんて一つも無いって分かるだろw
 

 
356:2015/10/27(火) 07:56:46.32 ID:
韓国「ボソボソ…スワップ再開頼むニダ…」
中国「ボソボソ…AIIB参加頼むアル…」
 

 
387:2015/10/27(火) 08:04:23.31 ID:
>>1
安倍政権でほんと良かったよw

これが売国民主党だったらホイホイ参加してたw
 

 
431:2015/10/27(火) 08:17:44.06 ID:
とっくにバス発車してるんじゃないんですかね…
日本は日米で開発銀行持ってるのでご自由にどうぞ(´・ω・`)
 

 
446:2015/10/27(火) 08:23:04.93 ID:
おまえらバカにしてるけどAIIBってかなり広い勢力圏なんだぞ
中国・ロシア・イギリス・ドイツ・イラン・ウクライナ‥‥
かたやTPP圏はアメリカ・日本・オーストラリア・韓国‥‥この程度
もし本当に戦いになったらTPP側が不利だと思うんだがねえ
 

 
464:2015/10/27(火) 08:30:36.49 ID:
日本は入らなアカンやろ?
人口⑩億以上おる巨大マーケット。
中国で商売できへん国は衰退するだけや
 

 
475:2015/10/27(火) 08:35:53.44 ID:
10億のマーケットってハジャイで中国行った奴ら
倒産して帰って来ました。
 

 
483:2015/10/27(火) 08:42:27.05 ID:
>>475
難民が10億状態ですからね


中国人女性論客が「13億の市場を無視するのは日本だけ!」とか言ってたけど
数だけじゃ。

世界人口は80年代後半に50億だったのが2025年くらいには100億といわれてるし
数は余ってる
 

 
491:2015/10/27(火) 08:45:54.59 ID:
ミンスなら間違いなくお土産付きで喜々として参加してただろうなw
ゴミどもの思考考えただけで寒気するわw
バカはバカの自覚がねえからなwww
 

 
512:2015/10/27(火) 08:52:46.09 ID:
ユネスコと同じで

金だけ出さして

文句言うなでしょ


ミエミエ
 

 
659:2015/10/27(火) 11:16:48.47 ID:
条件付きで参加してやれば?
尖閣から手を引く事、これで10億ほどの出資してやれ
 

 
673:2015/10/27(火) 11:30:57.08 ID:
>>659
尖閣の島周辺に石碑を投棄したたからな
50年もすればその石碑を拾い上げて
中国領という証拠にして何度でも主権主張するだろう
今手を引いても意味はない
 

 
746:2015/10/27(火) 12:51:24.51 ID:
>一貫して参加促す

なにが参加促すだ、ふざけやがって何様のつもりだ
土下座して「お願いします」だろ
それでも日本になんの利益も無いこんな物に参加するほど馬鹿じゃない
 

 
764:2015/10/27(火) 13:22:35.11 ID:
飴が一切なかったからなあ
米との関係悪化してもいいと思えるくらいのないと無理だろ
 

 



引用元:
関連記事

2015/10/27 13:48 | 国際ニュースCOMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿


 | BLOG TOP | 

ページトップ